食べるのが仕事*點水樓のトリュフ小籠包

小籠包は一番の有名所の「鼎泰豐(ディンタイフォン)」、現地日本人が好みだという「京鼎樓(ジンディンロウ)」は行ったことがあるので、今回はトリュフ小籠包が一番美味しいと言われている、「點水樓(ディエンシュイロウ)」に行くことにしました。

台湾に詳しい方に聞いてもここの小籠包が台湾の中で一番美味しい、という方も何人もいて、体験するのが楽しみです。


「點水樓」はインターネットの小籠包人気投票で1位になったこともある人気店。

店内は、映画などで見てイメージするオールド上海のような旅行者には嬉しいアジアンな雰囲気。

人気店であっという間に満席になっていましたが、鼎泰豊の本店のように何時間待ちみたいな騒ぎはありません。

とても大人っぽい雰囲気なので、子供はあまりおらず、日本のビジネスで来ているようないかにもビジネスマンなカッターシャツの男性ばかりの集まりとか、現地の落ち着いたカップルがいて好みでした。


メニューは写真がしっかりあって日本語でも説明が入っており、観光の方が多いことがわかります。

おかげで助かりました。

一番上の写真が、トリュフ入りの小籠包。

湯気からもトリュフの香りが漂ってきて、肉とトリュフの組わせはとても合う!

鼎泰豊のトリュフ小籠包の1/3の価格です。

本当に肉汁もたっぷりで美味しくて、これを先に食べると、次のカニ味噌の小籠包の味が薄く感じられるほどの濃厚さでした。

一番下はとても辛い唐辛子入の小籠包。

日本にいるとなかなか小籠包を食べたくなるシチュエーションってあまり無いような気がするんだけど、台湾にいくとまずは小籠包、次に餃子、それから胡椒餅、牛肉麵って小麦系が来てマンゴーの氷となるのが不思議です。


店員さんからは「空芯菜」を進められましたが、事前に調べていて食べたかった「薺菜鍋餅(ナズナをサンドした薄皮焼き)」をオーダーしました。


意外と量が多くて、たったこれだけのオーダーで満腹になってしまいました。

トリュフの使い方は学ぶところがありました。

これを日本でどんなふうに応用できるか?

料理コンテストの審査員や、商品開発のアドバイスをすることも多いので、常に勉強です!


點水樓(ディエンシュイロウ)Click!


ヒカル


slowplus.coaching. simple design.

プロセスクリエイター / 企業コーチ / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 福岡を中心に(東京もたまに)活動する、企業の組織デザインを専門に行う企業コーチ:ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000