諦める力

「最高の戦略は努力が娯楽化することである。」

  

 

遅ればせながら、為末氏の諦める力を読んでいる。

もちろん為末氏には遠く及ばないけれど、

自分も小さい頃から自分が活かせる場所に身を置くために、様々なものを自動的に諦めて絞り込んできている。

選ぶことは何かの可能性をひとつ捨てること。

 

自分が楽しい!と思うこと、遊びなのか仕事なのかよくわからないくらいに集中できておもしろいこと、それほど苦労することなく前向きに追求できることは、間違いなく自分の特性を活かして誰かのお役に立てるポジションなのだろうから、好きなだけ追求したほうがよさそうだな。

   

自分の人生は自分でしか味わえないし、感じることができない。


自分が充実していて、楽しかったと思う(脳に思い込ませる)ことができれば幸せな人生だし、苦労したけど報われなかったな、と不平等感や劣等感しか感じないようであればせっかく努力したのに目標が間違っていただけかもしれないし、早く諦めて自分の才能を伸ばすことにシフトしていればよかったのかもしれない。

でも日本では諦めは「かっこ悪い」ことのように思われやすい。

宣言したことを変更するのも世間体としてははばかられる雰囲気だ。でも人は人、自分は自分。



KindleUnlimited(読み放題プラン)で読んでますが、わりと便利です。



slowplus.coaching. simple design.

コーチ / カタリスト / プロセスクリエイター / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 組織デザイン・チームビルディング専門・カタリスト型 企業コーチ ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000