slowplus_hikaru

組織づくり専門のコーチをしています。

記事一覧(573)

組織の見える化:組織稼働率 LOGIC BRAINアプリ

A社では、AIが実装されたHRテックの新しいシステムを使って、各店ごとに組織稼働率をグラフにして見える化して組織分析を進めています。それをもとに、店長やリーダーにむけて、相手に合わせた『相手が受け取りやすい』コミュニケーションのロールプレイングを行っています。(私はそれを教えていいインストラクターの資格を持っているのです)昨日と今日は、とうとう本丸の部長クラスと、勉強会をしました♪最初は半信半疑って気持ちのメンバーもいたかもしれないけれど、自分の事業部の、自分を中心とした時の組織稼働率を見てもらって、見方の解説を加えたら、やはり自分からコミュニケーションをしにくいタイプだな〜、ちょっとコミュニケーションたりてないかな?と部長が自覚している社員は、やはりしかるべき場所(自分から一番遠い)にプロットされていて、現実の悩みがこのシート1枚に見える化されている様子にグウのねも出ず。  目が本気になった上に、さすが幹部メンバー!教えたことを自分なりに応用アレンジし、新しい提案やプランなどその場で共有しあったりと、とても頼もしかった!ものの統計(厚生労働省の「過労死等の労災補償状況」データ)によると会社員が抱える職場のストレスNo.1は「人間関係(32.8%)」。2位の「負担に感じる業務内容と業務量(18.6%)」を圧倒的に引き離しての1位に君臨です。「人間関係」の中でも内訳は『上司とのトラブル』が18.1%もあるんだそうですよ。長と名のつく人のチームメンバーとの関係、結構需要!幸福度を上げるには、上司が「自分を知る」「自分以外の相手の傾向を知る」ことが重要で、それがわかった上で、『相手に伝わりやすいコミュニケーションの手法を増やす』ことができれば、まさに今求められているヒューマンリソースを活かしたマネジメント(HRM)に対応できますよね。A社は経営理念が「One&Only」(唯一無二の人財づくり・店づくり)なので、人に対しての個性の理解は必須です。飲食業にしてはなかなか進んだことをしているのではないかな?今週、イコー会様のパワーランチでそのことについて発表させていただく機会があります。この新しい考え方が参加したみなさんに伝わるといいな♪(写真はとある店舗のシートです。店長名ボカしてます)ヒカル

中津の病院へ リーダー研修

今日は珍しくスーツを着てます!スーツもたくさん持ってます。あまり着てませんけど…♪本日は博多駅からSONICに乗って大分県の中津へ出張です。リーダーの個別コーチングと、リーダーのためのコミュニケーション研修のために行ってきました。これから月イチで通います。 今回は初回ということで、まずは自分のことを知ろうということで、エニアグラムを使った個人の診断、それからLOGICBRAINエンジンを使った診断の2種類での自分と他人の違いの読み解きをワークショップ形式で行いました。個人的に大事だと思ってるのは、こちら(リーダー)が相手の良し悪しを勝手に決めつけないで、相手に自分の良し悪しは自分で調べてもらって、ほんとだ!合ってる!その通り!と、納得してもらった後に、自分の中でのその傾向の継続の良し悪し、成長のための課題を見つける、ってことが重要で。こちら(リーダー側)からは氣付いてもらうために数限りなく機会を提供することしかできなくて、説得は無理で腹落ちじゃないと人は動かないし変わらない、という部分。リーダーの悩みのほとんどは、こちらが説得しているのに相手がなびいてくれない、というこちら都合(わがままな希望)が叶えられないことに関することばかりで、自分の思考の癖と相手の思考やコミュニケーションの好みを理解してないから起こる現象に囚われてイラッとしちゃう。    他責なんですよね。追いこむほどの自責じゃなくていいけど、自分の行動や態度、習慣を変えることで過ごしやすい世界に変わるなら、せっかくだったら行動を起こしてみませんか?と、こちらもエモーショナルに氣付きを提供する。今日の感じだと、みなさん納得感があって腹落ちしてくれたのか、今までの自分のリーダーシップの傾向を振り返って、反省や課題点を自分から言ってくれたり自習ワークも真剣に黙々書き込んでくれたりしたので、うまく巻き込めたんじゃないかな?と、一安心。  今日も経営者の思いを研修で代弁できて、お役に立ててよかったです^ ^ヒカル

#self media 主催のマーケティング講座に参加

「売り上げが上がる 仕組みを作る マーケティング講座」に参加してきました。大体、私が勉強に行ったりセミナー出たりするのは、基本的に『お客様のためにかわりに勉強しておく』という側面が強いです。変わりに本を読んだり、変わりにお客様の業界に役立ちそうな勉強をして、お伝えしているうちに、なんだか私まで段々物知りになっちゃって、喜ばれた上に自分の改善活動にも役立つという、いかにも私らしい流れ。。。(笑)   今回は東京からお越しの講師の佐藤史子さんがとてもわかりやすく、事業全体の把握のために使えるフレームワークとしてマーケティングの『Wファネル』を使って、自分の事業を見直して抜けや漏れがないかをチェックする、ということを教えてくださったので、とても良い氣付きを得ることができました。   フレームワークは本当に数限りなくたくさんあるけど、違うものを当てはめるたび、切り口が変わって氣付きが増えるので、コーチングでいうところの『視点を変える』『視点を増やす』ことそのものなので、自分なりには、フレームワークってコーチの質問みたいなものだなと勝手にメタファー増やしてみました。  新しい場、新しいこと、行動すると自分の中のメタファーが増えて、自分の中でメタファー増やせば増やすほど、相手に伝わりやすい度合いが上がるので、なんにしろ私みたいなのは、どんどん外に出て行った方が、お客様の役にたてるんだろうな。  そんなことを考えた午前中の講座でした。ヒカル