食べるのが仕事&勉強_いきなりステーキ

仕事がら、食べることが大事です。それもできたら流行っているところで。

いきなりステーキは、ものすごいビジネスモデルだなー!と思って

東京に出店して流行っていると聞いてまず2〜3年前に東京で食べたのが最初。

福岡にできてからは、前を通りかかると思わず並びたくなってしまう。

入店してから30分〜45分くらいで、一人あたり単価2,000円〜が稼げる業態って凄い。

立ち食いでも、こんな美味しい肉が美味しい状態で焼かれているのであれば、自宅では到底できない芸当だし、肉屋さんで同じグラム数注文すると物凄い金額になってしまうので、やはりここでないと食べられない(というわけでもないけど)、肉を食べようと思った時にすぐ「思い出す」ことのできる業態とネーミングってすごいなあと毎回行く度に感心しています。


ちなみに写真は、リブロースステーキの赤み部分のみ300gをレアで注文です。

300gって。。。。

ワインもちゃんとセレクトされてますよね。今回はスペインのテンプラニーリョにしました。


ヒカル




slowplus.coaching. simple design.

プロセスクリエイター / 企業コーチ / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 福岡を中心に(東京もたまに)活動する、企業の組織デザインを専門に行う企業コーチ:ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000