ハクモクレンの季節

沈丁花の花も半ばになったら次に気になるのはそのお隣のお庭のハクモクレン(白木蓮)の開花状況だ。

  

みるみるうちにつぼみがほころびあっという間に満開になるから1日も見逃せない。

ちなみに、私は花は満開よりもつぼみくらいの咲き方に品の良さを感じる方なので、辛夷(コブシ)よりも白木蓮(ハクモクレン)が好き。


そして白木蓮よりも泰山木(タイサンボク)と大山蓮華(オオヤマレンゲ)の方がさらに幻想的で好きであり、小さければ招霊木(オガタマノキ)という具合に、木に咲く花であれば、モクレン科が好きなのです。


さらにモクレン=マグノリアの香りも大好きで、白い花の香り(カサブランカとかゆりとか)のあの濃厚なクラクラする香りが一番好きだというのが、サッパリして見える私にふとした意外性を与えているポイントではないかしらん。    

まあ、力説することでもないけどね♪

この季節の白木蓮は本当に見事です。


ヒカル


slowplus.coaching. simple design.

コーチ / カタリスト / プロセスクリエイター / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 組織デザイン・チームビルディング専門・カタリスト型 企業コーチ ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000