七夕のお茶の稽古

今日のお茶の稽古は七夕にちなんで短冊箪笥のお点前でした。 

短冊には 「我が仏 隣の宝 婿舅 天下の軍 人の善し悪し」と書かれていました。 


これは茶室で言わない方がいい話題。
つまりわざわざ茶室に来てまで俗なこと話さなくていいんじゃないの?という有名な言葉です。

 我仏は、宗教 隣の宝は、羨ましがるようなこと 婿舅は、家庭の愚痴 天下の軍は、政治のこと 人の善し悪しは、人の悪口 どれも俗ですね〜!

でもなにより、短冊箪笥が開かれてどんな短冊がかかっているかな?と思った時に戒めの言葉が書かれていたりするとドッキリするでしょうね〜〜^ ^
さすがお稽古用に準備してくださった短冊だからひとひねりあって愉快だなと感じました(*'▽'*)


ヒカル

slowplus.coaching. simple design.

プロセスクリエイター / 企業コーチ / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 福岡を中心に(東京もたまに)活動する、企業の組織デザインを専門に行う企業コーチ:ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000