AppleWatchが来てから20日くらい

早めのホワイトデーにということで写真家(スロウプラスフォトグラフのyuki)からの贈り物、AppleWatchが届いて役20日くらいが経ちました。


結論、いろんなことが変わりました。

iPhoneからこの時計に交通系ICカードsuica(スイカ)を移動させたことで、ほとんどの支払いをAppleWatchでできるようになりました。


例えば一番使うのは電車やバスのNimocaやSUGOCAのICカードを使う時。
AppleWatchをカードリーダーにかざすだけなので、自動的に毎日つけておいたほうがSUICAをわざわざiPhoneに戻さなくていいので、他の時計はしなくなりました。

そうすると、このAppleWatchは女性らしいスカートスタイルには強すぎる色と大きさなので、自然とそれに合うマニッシュやスポーティーなテイストが入ったカッコイイ感じの服にシフトすることになりました。

それに合わせてオシャレ系のスニーカーに合わせることが増えてきました。

メイクもそれに合わせて変えました。


交通系ICカードはクレジットカードのように見えて、じつは金額をチャージした分しか使わない、いわゆるデビットカードのようなもので、キャッシュではないけど引き落としはその時なので、使い勝手はキャッシュと同じ感覚。

コンビニはとても進んでいて、どの支払いでも画面を切り替えてひとつの端末である程度できているからレジがスッキリしているけれど、

大手のショップではレジでの支払いサイトをどんどん増やしていて、レジの配線がみっともないくらいになっている継ぎ足し継ぎ足し形式で(エディやクレジットカード端末やiDや交通系ICカード、それぞれ違う端末だったりする)決済方法が選べるようにすることでお客様を逃さないようにしているし、逆に小さな個人店では資本やアイデアがないと(方法はいくらでもあるのですが、アナログな人は対応しようとも思わなかったりする)太刀打ちできない時代になっているのを、感じています。


AppleWatchを使い始めたことで、キャッシュレスが加速しました。

最悪お財布を忘れたとしても、携帯のカバーに常時クレジットカードを1枚入れておけば、iPhoneのWalletにいくつかカードも登録しているので、なんとかなっています。


持っていたスターバックスのカードもiPhoneに内蔵しているし、ポイントカードの類もアプリになってて、使う方としてはいろんなものを持ち歩く必要がなくなってきています。


お財布に一定金額入れておけば、そんなに無くなることがないので(銀行からはばっちり減ってますが)キャッシュディスペンサーに行ったり並んだりすることが圧倒的に減りました。


それに、ネットバンキングで移動したお金の引き出しは、コンビニのセブン銀行で手数料がかからない時間に並ばずにできていたりして、キャッシュにしばられないとこんなにも自由なんだ!

という自由を満喫してリラックスしています。

仕事に打ち込みやすい環境というのかな。


まだ1ヶ月経っていませんが、すでになくてはならない存在になってきているようです。


◇AppleWatch series3(Click!


ヒカル


slowplus.coaching. simple design.

プロセスクリエイター / 企業コーチ / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 福岡を中心に(東京もたまに)活動する、企業の組織デザインを専門に行う企業コーチ:ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000