子供の日

支援をしているウガンダの女の子から近況のお手紙が届きました。  

彼女は算数と図画が好きだということで、描いた絵と本人の写真が何枚か同封されていました。

日本は明日は子供の日なので、私の方も彼女宛に手紙をしたためています。 

支援は、いろいろあると思いますが、自分のできる範囲でなにか役に立ちたいと思ったときにするのがいいのでは?と感じています。

日本にも大変な状況にある子どもがたくさんいるのになぜ海外?それも遠い国?

という疑問もあると思いますが、日本の子供(西日本)にも支援しています。


大人は意思さえあれば自分の環境を選ぶことができるけれど、子供はたまたまそこに居合わせたというだけで、ややもすると自分の一生が決まってしまうくらいの苦境で生活しなければならなくなってしまうくらい、守られなければならない存在だと思います。


たまたま、私は小さい頃から自然に恵まれて愛情いっぱいに育ってきたけれど、それは単に運がよかったというだけのこと。

私が努力して得たものではありません。

だからこそ感謝しかないのは当然ですが、恩返しならぬ恩送りはしてもいい年齢なので、できるだけ気づいたときに積極的になにかしらの行動を起こしたいと考えています。


ヒカル





slowplus.coaching. simple design.

コーチ / プロセスクリエイター / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 組織デザイン・チームビルディング専門の企業コーチ ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000