S社_接遇&OJT研修

T社の子会社のS社にて、入社1年〜3年くらいの社員を対象に研修をご依頼いただいたので、開催してきました。

今回は転職の多い業界の中でも少し専門性の高いレジャー関連の職種の社員さんということで、ちゃんとした新入社員研修を受けたことがない転職組が対象です。

同社の新卒の社員はここ3年ほど、私がフレッシュマン研修を受け持たせていただいているので、こちらのメンバーよりも社歴の浅い社員の方が研修を受けていてちゃんとしたことを知っていたりするという逆転現象が起こるとまずいということで、一度研修の機会を!ということでの今回の依頼でした。

S社には会議に参加したり、みなさんにはインタビューやその他関わりがあるので、みなさんも安心して研修を受けてくれていたようです。

このクラスの社員が店舗で一番望まれることはスタッフへのOJT(on-the-job training)になるのだけれど、転職していたメンバーはそもそもOJTが大事な仕事だと認識できていないこともあるはずなので、再度なぜOJTが必要なのか?OFF-JTとの使い分けなどなども具体的に説明し、最後は「もっと効果的なOJTができるようにするためには?」という問いかけを中心にしたマンダラメモを各自作成し、最後はそれのプレゼンテーションを行ってもらいました。

みんな各自のワークや自分の考えのプレゼンテーションはお好きみたいで、最後は楽しく真面目に〆ることができました。

今回は、6時間と長時間の研修でしたがたまにはお店を離れてOFF-JTの機会があるといいですよね。

今後どのような変化が起こるのか注意深く見守っていきたいと思います。


ヒカル


slowplus.coaching. simple design.

コーチ / プロセスクリエイター / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 組織デザイン・チームビルディング専門の企業コーチ ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000