理念研修

本部コーチとして13年、教育を担当している飲食店運営のA社には、とても素晴らしい理念があって、それを浸透させるべく、アルバイトスタッフの入社してすぐの研修を6時間受け持って、理念とホスピタリティについてのワークショップを行っています。


でも、アルバイトスタッフにはそうやって手厚く研修するけれど、一般社員にはあえて時間をとって研修というのもなかなできなかったので、一昨年くらいから、1期を3回開催ワンクールとして、役職ごとに分けて理念研修をしてきました。

一回りして、大体の社員が受けてしまったあとに入社した新しい社員を集めて、昨年2回行った研修の、今日は最後の回となりました。

A社セミナールームで12時〜20時の長時間にわたっての研修です。

最後に、自分のストーリーと今後のビジョンを全員がプレゼンテーションしてみんなでフィードバックする、という内容だったのですが、

1回めに参加した時よりも、2回め、3回めと回を重ねるごとに、みんなの顔つきが変わってきました。

理念を理解したうえで、自分の人生の目的、今の目標その意味付けを考えて、どんな人生を送りたいのか?ということを考えるいい機会になっているようです。

今回私の担当した項目は、A社が求めている店長の仕事と社員の仕事はいったいなんなのか?というレクチャーと、

本年の社内的目標である、従業員の働いてよかった!と思う満足度をあげるために、お店でなにができるのか?

そして、どんな社員(としての自分)だったら、スタッフにここで働いてよかった、と思われるのか?

などの「客観的な見え方」や、自分が人に与える印象についてなど、2時間のワークショップを受け持ちました。

年間の社員教育研修は、教育担当の専務Yさんと協力して一緒にプログラムを作っていくのですが、今回は4期目で、やっとやってよかった、っていう実感が湧いたね!

という感想をふたりもちました。

毎回こなれて来てブラッシュアップし続ける研修っていいですね。

また、今回は、メンバーを役職でわけずに、中途入社のベテラン店長も入社1年目の社員も同じグループにいることで、チームワークやよい影響があったようで、普段だったら教える内容にばらつきがあるから、できるだけ同じレベルの人を集めて研修をしたいと思っていたのですが、やってみないとわからないこともあるんだな、と勉強になりました。


5期目はますますブラッシュアップしていきたいな。


ヒカル


slowplus.coaching. simple design.

プロセスクリエイター / 企業コーチ / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 福岡を中心に(東京もたまに)活動する、企業の組織デザインを専門に行う企業コーチ:ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000