ウガンダのチャイルドからの手紙

ウガンダに住む女の子のスポンサーになってもう数年になるのだけれど、

先日彼女へのお手紙と一緒に日本の和紙でできた封緘をするときの丸い和柄のシールを送っていたら、それを絵に描いて送ってくれました。


今までは原色のエネルギーほとばしる絵をクレヨンで描いて送ってきてくれていたのに、私の送った和風な優しい感じを表現するために、どうにかして優しい色の色鉛筆を探して描いてくれたのかなぁ。

今度は軽くて耐久性のある紙風船を送ってあげようと思います。

英語の手紙は地域ボランティアの方が代筆してくれたもの。

彼女も彼女の家族も字が書けないし読めないということだから、絵がコミュニケーションになるんだなぁ。

彼女の優しい気持ちに感謝だな。


ヒカル

slowplus.coaching. simple design.

コーチ / プロセスクリエイター / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 組織デザイン・チームビルディング専門の企業コーチ ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000