氣持ちのONとOFFの切り替え お仕事で中津へ

JRの特急や新幹線に乗ったら一気にショートトリップ感あるのが楽しいので(仕事なのに)、普段は昼夜2食だけにして体調管理してるのに(あくまで個人的な考えのもとやってますので、食事の回数は人それぞれの基準で♪)

ウキウキが勝って思わず朝早くから弁当を買い求める自分が幼稚すぎて笑う。(欲望に忠実)

   

ガッツリ単品弁当ではなく、女子力高そうなレトロなパッケージの弁当をチョイスしてるところも何かで埋め合わせして辻褄を合わせようとしているようで、また自分らしい。

この空間を非日常と捉えて敢えて通常ではないチョイスを自分からしている辺り、個人的には日常でも十分イベント感楽しんでいるので、「なにか楽しいことない?」みたいにずっと外に刺激を求めている人より自己完結していてとても安上がりかつ継続可能だよな、と思う。

我ながら省エネ!


全ての世界は自分の頭の中にあると思えば、リモコンでチャンネル切り替えるみたいに自分の感じ方考え方を変えたり、シーンやモードを切り替えて、その中にすぐに移動することを訓練しているので、いつも幽体離脱みたいに自分を俯瞰したり入り込んだり、氣持ちのオンオフを楽しんでいます。

氣持ち悪いかな?小さい頃からずっとそんな感覚です。


ヒカル

slowplus.coaching. simple design.

コーチ / カタリスト / プロセスクリエイター / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 組織デザイン・チームビルディング専門・カタリスト型 企業コーチ ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000