TKG様リーダー研修

Zoomでコーチングの研修をしています。

今日は午後からTKG様の毎月1回のリーダー職のみなさまのためのコーチング講座の5回めでした。

  

毎回3時間の長時間開催ながら、みなさんしっかり聴いてくださって(いるように私からは見えてます♪)感謝です。



本日の内容の特にこのスライドの部分、思わず力説してしまいました。



上司だからいつも問題解決をしてあげなきゃいけない、と思いこんでいると、間違いなくソリューションモードで話を聴いてしまいますが、



コーチングの場合は、本来「答えは相手がもっている」ことを前提としているので、相手は「今」自分に対してどのような関わりを希望してその話をしてくれているのか?



というのを「実際に先に聞いてみる」ということも、じつはとても重要で、そんなことも整理がついていないで話しかけている相手に、解決策を提示しても相手にとっては自分の考えが整理されていないので、人の話なんて全然何も入ってこない状態なことが多いみたいです。

  

まずは、相手の状況を整理整頓してあげるつもりで、あれこれ聞いてみて、じゃあどうぞ言いたいことを喋ってみて。最後まで聴くよ、と落ち着いて聴いてあげられるといいですね♪

  

もちろん相手に時間を取られてしまうので、大事な相手(部下は大事な存在はず…)であれば、こちらから時間を指定して聴いてあげるのもよし。

  

それが面倒だったら、定期的に話を聴く時間を設けてる「仕組み」にしておくことが本来お互いに楽かもしれません。



現に、今、私が受け持っているZoomでの毎週30分〜45分程度のセッションがあることで、仕事が捗り、疑問点も解消されたり、次の課題が見えて、とても喜んでセッションにつないでくれるメンバーも多いからです。

  

特に、社長、取締役クラスのみなさんの、社内での喜ばれる従業員満足度を上げる貢献は「面談」をしてあげることです、と断言したい♪

  

その時に、自分は2割程度話して、相手に8割くらい喋ってもらえるような傾聴や質問ができたら最高ですね(*^^*)

  

今日も長時間学びの時間を共有していただき感謝します!

TKGのみなさま、ありがとうございました♪

  

ヒカル

slowplus.coaching. simple design.

コーチ / カタリスト / プロセスクリエイター / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 組織デザイン・チームビルディング専門・カタリスト型 企業コーチ ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000