飲むのも仕事!ワインの勉強_野乃猫ワインのおまつり

ワインを勉強してる!と公言してからは、いろんな方から「ここに行ったら試飲会があるよ」とか「ワインがたくさん試せるイベントがあるよ」と、ご協力?!のお知らせをいただくようになりました。

公言しとくって勇気がいるけど、集まる情報量が違いますね。


あと、協力したい!教えてあげたい!と好意的に捉えてくれる人がこんなにもたくさんいるんだ、ということに感激です。


毎月1度、テーマを決めてワインの飲み比べをしているお店があるよ、と教えてもらって行くようになった薬院の野乃猫さん。
だんだんそこで出会う知り合いも増えて、楽しいイベントになっています。

今回は、最初にお店を紹介してくれたYさんのリクエストで、フランスの「南北ローヌの飲み比べ」がテーマでした。


1本目・北 (白)クローズ・エルミタージュのマルサンヌ

2本目・北 (白)VDPのヴィオニエ

3本目・南   (白)AOPコート・デュ・ローヌ

4本目・南 (ロゼ)タヴェル

5本目・北 (赤)IGP シラー

6本目・北 (赤)VDP シラー+ヴィオニエ

7本目・北 (赤)クローズ・エルミタージュ シラー

8本目・南 (赤)AOPコート・デュ・ローヌ グルナッシュ

9本目・南 (赤)AOPヴマントゥー グルナッシュ+シラー

10本目・南(赤)VDPヴォークリューズ メルロー+シラー+マルセラン

11本目・南(赤)シャトー・ヌフ・デュ・パプ グルナッシュ+シラー+サンソー+ムールヴェドル


ここまでたくさんローヌ地方だけ南北分けて飲み比べる機会はなかったので、とても勉強になります。


ローヌのワインにはローヌの郷土料理を合わせるということで、オーナーの前田さん特性のナヴァランが出されました。

マトンが入った肉じゃがみたいな様相で、マトン好きならたまらなく美味しいです。
前田さんがフランスで食べたナヴァランを再現されたとのこと。

こういうの、嬉しいです。人の体験を自分もできるなんて、本を読んだり映画を見たり、人の話を聴くのに似ていて、人の人生の一部を自分も追体験できるのは、何人分も生きたようで、素晴らしいことだな、と最近ますます感じています。

一人一皿でる最初のプレートはピンぼけ(笑)
レンコンのゴルゴンゾーラ和え、お隣の野菜にはなんと!高級なモンドールチーズが。大盤振る舞い♪


毎月のワインの会には、紹介してくれたYさんと声掛けして、お互い好きな人を呼んで、初めましてのメンバーがいるおもしろい会になっています。

今回は、私の教え子(?)だと言ってくれてる、新入社員研修でコーチングをしていあげていた、女性社員のAちゃんを誘いました。

Aちゃん、あれよあれよという間にホテルのレストラン(和食)のマネジャーになっていました。

マネジャーまで経験するまでは絶対やめちゃダメだよ、勉強になるのはそこからだから、と最初から私もアドバイスしていたので、とても嬉しい限り。


年賀状のやりとりで今年こそは食事しましょう!と書かれていたので誘ってみました。

とても楽しかったようで、ワインにはまりそうだ、と言って帰っていきました。
ワインで広がるご縁。いいな。


なにかにハマると色々新しい世界が広がる。
挑戦することは大切ですね。人生を豊かにしてくれると思います。


◆野乃猫(ののねこ)

slowplus.coaching. simple design.

プロセスクリエイター / 企業コーチ / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 福岡を中心に(東京もたまに)活動する、企業の組織デザインを専門に行う企業コーチ:ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000