もち吉のカンカンで育てた胡蝶蘭

A社にて5年前の移転の御祝いでいただいて花が終わってしまった胡蝶蘭。
もち吉のカンカンで再生させては、鉢に植え直し、増えてます。 

小さかった新芽が伸びて蕾をつけてる。 こんな姿を見ると健気で嬉しいですよねー。  

水だけしかやってないのに自分で育って毎年こうやってつぼみをつけてる。 

ただ個の生を全うしているだけなんだろうけど、本来人間もそういうものなんだろうな。 

過保護にしない。適度なタイミングで適切な量の水分が与えられる(鉢植えの植物は動けないので)環境があえば自分で好きなように今を生きてる。

個の特性を無視してこちらの都合で甘やかし(過度な水や栄養を与える)をすればたちまち弱って、弱ったものには悪い虫が寄り付いてなにもしなければ自分で生きていけたものを、過保護にしたばかりに自活できなくなるのは野菜を見てたらよくわかる。

 理解してくれる人(適切な関係)がいればなんとでもなるんだよな。


今年は5本芽が出て花を咲かせます。


ヒカル


slowplus.coaching. simple design.

プロセスクリエイター / 企業コーチ / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 福岡を中心に(東京もたまに)活動する、企業の組織デザインを専門に行う企業コーチ:ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000