飲食店舗研修風景

今日もめちゃめちゃがんばった‼️

そう思って一日を終わることができるのはとても幸運だ。

   

仕事柄、飲食業のスタッフの接遇指導をする機会が多いけど、みなさんの多くは、客観的に見て自分がどう見えるのか?を、正当にフィードバックしてもらったことがないので自覚もないし、悪いとも思ってないし、損してることを知らない。

   

でも、考えさせるワークをしたり、



「みんなの真似するよー」といって悪い例をそのまま見せてあげると、きちんと『あちゃー、それはダメだ』気づくみたい。

バツが悪そうに反省してる。

   

わかりやすいイメージしやすい事例を出して、こんなふうにされたらどう思う?と考えてもらって、

   

そのあとで最高に良い見本を見せてあげると、勝手に自分でギャップを感じ取って修正してくれる。



みんな私達の世代よりも圧倒的に考え方がスマートで賢いけど、

なにかのスイッチを押さないと真剣にならないし、みんな出し惜しみしてる。

  

真剣になってもらうには、こちらも最高の物を見せたり提供したりして、圧倒的な違いをハッと気付かせないと、きっと相手にもしないで、流すんだろうな。

   

教える方は全身全霊伝えないといけないから、

まあ、疲れるんだけど、しっかり向き合って



お互いリスペクトできて、少し心が通じあったように思えた時、頭を使いすぎた疲れはいっぺんに吹き飛ぶんだよな。



ドーパミンが出てるんだろうな?



今日は、1.5時間×3ローテーションで、10名のそれぞれの気持ちに火を灯すことができた。

写真は作業の優先順位を考えるワーク中風景。

何事も教えるだけじゃなく考えさせて、擬似的に安心空間の中で失敗してもらったり、自分で考えて発表してみるのが楽しい、と思ってもらうのが大事と思う。



明日もスイッチ押す仕事だ。

がんばろう。


ヒカル


slowplus.coaching. simple design.

コーチ / カタリスト / プロセスクリエイター / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 組織デザイン・チームビルディング専門・カタリスト型 企業コーチ ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000