店舗視察&mtg&コーチング@Ecru筑紫野店

(サロン入ってすぐの案内コーナー:オーナーの写真もあります)


今朝は、車で一走りクライアント企業の二日市のエステティックサロン店舗に視察&ミーティング&店長のコーチングです。

毎回のZoom会議も良いけど、何回かに1回はリアルで感じる「空気」は大事ですよね♪

   

例によって、お店の運営といえば、自分の特性としてはもちろん計数が強いのですが(個性分析シート参照)

それよりも一番に大事にしているのは官能の方で(性的な意味ではないですよ♪)、感じる雰囲気、空気、エネルギーなどの目に見えないものの方から導き出された「数値予測」のほうが断然気になります。

   

感じたことから、ああ、こうだからこんな「数字」になってるんじゃないかな?っていうふうに見ます。

そして、思ったことを予測した「数値」で、スタッフの方に聞いてみると、大体顔色がサッと青ざめて、なんでこの人わかるんやろ?もしかしたら騙せない人かもしれん、、、となんとも言えない不気味さを私に感じるわけです。


逆に、そこまでわかるんだったらもしかして話が通じる人なのかもしれない?と相手に思ってもらえれば、今まで言えなかったこと、諦めていたことなどを、遠慮がちに軽いジャブのようにちょいちょいと出してきてくれるので、そこをきちんとつかまえて、話を聴くようにすれば、ほとんどの場合、店の「空気」が変わって清々しい、清らかなエネルギーに変化していっているのを、官能検査ではないけど私がお店に行くと氣付くわけです。

  

氣付くから、嬉しくなって、よくなったところを伝えると、やはり「わかりますか?😆」と言って工夫した点を教えてくれるので、「やっぱり!全然違いますよ!入ってきた瞬間、空気が全然違うからお客様も嬉しいと思う!」と伝えると、

本当に嬉しそう。

また次に私に良い報告をしようと、あれこれ考えてくれてまた、私を試すわけではないんだろうけど、違う工夫をしているところを私が氣付くか、じっと見てる、みたいな。

   

私は来店のたびに宝探しのような氣持ちになって一番心地よく感じるところ、前回と違って感じられるところをまた伝える、また喜んでくれて、次に、と、良いスパイラルに入れば仕事の喜びもそのうち実感してくれてよい「在り方」に行き着くことが多い、というのが私がいつも心がけてる店舗への入店の仕方です。

  

これはZoomだけでは氣付きに限界がありその場の空気は人(の意識・氣持ち)と生き物(植物含む)が作り出すもので、そんなわけで植物がどれだけ生育しているのか?

も、私の中ではチェックのポイント高いです。  

今日伺ったサロンは、もう長く実績のある店舗なので、この新しい変化(私は「風」って表現してます)がさらなる飛躍を感じさせてとても興味深く関わっているところです。

ポテンシャルが高い。



ヒカル

slowplus.coaching. simple design.

コーチ / カタリスト / プロセスクリエイター / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 組織デザイン・チームビルディング専門・カタリスト型 企業コーチ ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000