便利なツール_ChatWork(チャットワーク)

どちらかというとIT系の新しいツールはすぐに一度は試してみて、自分に合う合わない、クライアントに勧める勧めないを経験をもとに行いたい方です。


クライアント企業ではもともとサイボウズを社内ツールとして活用しているところが多いのですが、サイボウズはモバイルで使いにくく、毎日ログインして確認しなければならないことやいつメールやスレッドが動いているのか、PCで確認していると自分のタイミングに合わなくて社外の関係者からすると、ちょっと不便なところがあるように感じていました。


便利さを理由に仕事上でも連絡ツールに一番使われているのはプライベートIDでの「LINE」だったりするのだけれど、これが原因でプライベートと仕事が分けられない人(鬱になる人や常につながっていることから追い詰められる人も)も増えてくるわけで、会社からの与えられたIDアカウントではなく、プライベート利用のIDアカウントでやりとりすることは、情報漏えいなどのリスク(結構大きなリスクかな)もあったりで心配。


LINEでは送られるデータも限られていて、しかもLINEをPCで使うと乗っ取りのリスクも多いのでLINEは仕事の資料などの確認などには使いにくい。


そんなモヤモヤっとした悩みを一気に解決してくれている「ChatWork」は本当に使い勝手いいので、先方が少しでもIT関係詳しかったらできるだけChatWorkに招待して、ChatWork内で仕事やコミュニケーションができたらいいなと思います。

そんな中、サイボウズを使用している会社の補助ツールとしてChatWorkを導入するところが続々と

出てきました。

サイボウズのスレッドは、ChatWorkでグループを作れば、モバイルのアプリにもプッシュ通知が来るのでPC開くより早く気軽に確認できてほぼLINEと変わりません。

「チャット」の要素はLINEなみだけど、一番違うのは添付できる資料の種類が豊富なところ、そしてプリントアウトや加工などはそのままPCで開いてできるというところです。


断然仕事向き。使い始めるとなんでみんなこれを使わないんだろう?と思うのだけれど、IT苦手な方は、新しいツールと聞いただけで尻込みされて会社として導入するのがなかなか骨が折れる作業なんだとか。

たしかに私も飲食業のクライントに一度提案したことがあるけれど、そこまで必要とはイメージできていないようで、問題が起こるまではLINEで済ませようと思ってる部分が多いのを感じて、まだまだタイミングが早いのかな?と思ったことがあります。


ChatWorkの会社は理念もとても素敵でデザインもすっきりしていて使いやすいので気に入って主として使っている次第です。


ChatWork(Click!


ヒカル


slowplus.coaching. simple design.

コーチ / プロセスクリエイター / ファシリテーター / ワインソムリエ / 茶道家 組織デザイン・チームビルディング専門の企業コーチ ヤツグヒカル

0コメント

  • 1000 / 1000